Pocket

Pocket

bitcoin@mama保存版勉強ツイート勉強ツイートウルフさんが指摘されているように、週足のMACDはトレードに重要です。週足のMACDに関する動画を作ってみました。https://t.co/u4GXxGzC5M https://t.co/UW6jSHYbcM — T.Kamada (@Kamada3) 2018年3月25日 この30日間で、皆さんから最もアクセスいただいた私のブログです。「少し変わったボリンジャーバンドとMACDの併用方法 https://t.co/osTepgG5Mp)有難うございます! pic.twitter.com/Ow649MBjtZ — T.Kamada (@Kamada3) 2018年5月17日       【超重要】8月12日のイベント動画 ※第1部:ウルフ村田講演「大化け株の作られ方」 ※第2部:「買い時・売り時を学ぶ」テクニカル分析&「個別銘柄診断」https://t.co/jjswf7XRl5 急騰株の売り時が分からない方、是非1度見て頂ければ嬉しいです。(*^-^*) — ウルフ村田(村田美夏) (@muratamika2020) 2017年9月2日 【大和】 5301 東海カーボン  Outperform→Buy  2,350円→2,400円 9449 GMOインターネット  Outperform(維持)  2,100円→2,820円 — サクソバンク証券(株) (@SaxoJapan) 2018年5月20日 リミックス、SAMURAI、東海カ一ボンが特買い。 — 早見雄二郎(株式評論家) (@hayamiy) 2018年5月21日 【大物筋】 2330 フォーサイド 1400 ルーデン 1757 クレアHD — ウルフ村田(村田美夏) (@muratamika2020) 2018年5月21日 お待たせしました~(*´ω`*) 「好決算だったけど売られてしまったリスト~2018初夏編~」 皆さんに沢山銘柄だしてもらいました、ありがとうございました(*´ω`*) 全部に返信はつけれませんでしたがリストにしましたので今夜にでも来週にでも暇なときに見てみてください 良い出逢いあるかも?(*´ω`*) pic.twitter.com/cnV8nT6mmg — ケミカル政夫 (@nao20120810) 2018年5月20日 とりあえず資金が入ってて上値ありそうな銘柄は、リミックスポイント、クラウドワークス、メタップス、フライト。この4銘柄は上がるネタ持ってるし、数ヶ月スパンで見れば株価は上にいってると思う(一時的に大きめな下落はあるだろうけど)銀行、通貨ネタだね。 — 醤油@VAZOOKA (@vazooka1849) 2018年5月19日 兼業の人なんかはクラウドワークス握って、会社の仕事に数ヶ月集中してれば絶対お金増えてるでしょって思う。こういう銘柄こそ兼業向けのような気がする。日中の値動き見てると売りたくなるからむしろ見ない方が精神衛生上良い。 https://t.co/KZzDK5uk4G — 醤油@VAZOOKA (@vazooka1849) 2018年5月19日 底を形成したか否かは足が上向きかどうか。 この時、ヨコヨコないし右肩下がりはさらなる下落があるかもしれません。買うならば、上を向いた時。 未来のある会社は常に顔を上げています。俯いているのはダメな証です。 — ころ助 (@nn03015776) 2018年5月19日 冴えない中小型ゲーム株ですが、どの銘柄も一度は見せ場を作ることの方が多いので、買うとしたら今年まだ急騰してない銘柄で材料があるものが狙い目かなと思います。ここまでで見せ場があった中小型ゲーム株も結構ありましたね。今週動いた(動き始めた?)銘柄としてはエディアなんかが一例です。 — ゆず (@yuzz__) 2018年5月18日 いよいよ決算シーズンも終わり、業績だけの相場の感覚から頭を少し切り替えていきたいと思います。今後の銘柄選定の狙いは ①決算の数字にインパクトがあり水準訂正相場が継続 ②四季報独自増額→四季報相場に発展 ③新たなテーマ・思惑相場の初動 を意識していきたいと思っています。 — ふしちょう (@the_phoenix_777) 2018年5月19日 また、今回の決算シーズンで感じたのは1Q好決算組の急激な水準訂正です。これまでは今期の上振れした場合の想定業績と時価総額に2倍の乖離がある銘柄が決算→四季報相場の1ヵ月半ぐらいで+50%上昇していく感覚でしたが、今回はJIAや日本和装等は1Q決算発表後たった10営業日前後で+50%水準になりました — ふしちょう (@the_phoenix_777) 2018年5月19日 この傾向から、不確定要素も多い本決算の今期ガイダンスよりも、直近3カ月の業績の上振れの方が評価されやすく、目先のカタリスト(四季報増額や上方修正)がある方が買われやすいということも示していると思います。また、今回の決算シーズンを受けて、夏の1Q決算前に先回り買いが起こる気がしています — ふしちょう (@the_phoenix_777) 2018年5月19日 具体的には、今回本決算で保守的な今期ガイダンスを発表した銘柄(4Qも失速してない銘柄)中心に1Q前に先回り買いが起こるとみてます。去年は1Q→2Qにかけてゆっくりと水準訂正相場が起こりましたが、今年は少し前倒しとなり、1Q決算直後に今期業績を一気に折り込んでピークを迎える展開も考えています — ふしちょう...株初心者・Bitcoin初心者