Pocket

 

衝動買い銘柄 鉱研工業18/04/11 615円
5月14日終値623円

レアメタルの掘削がどうのこうのというニュースで買ったんですよね。
5月15日に627円で売り注文を出し、途中で623円に訂正するも売れなかった(><)

しかし!!!5月15日19時のニュースで載ってる!!!
これはもう少し持ってなさいということよね。
安いし、100株で6万円ぐらいだから本当は買い増しすべきなのよね。
ここで買い増しできる人はセンスがあるのかもしれないけど、でもできない~!!!!
だって地味なんだもん。。。売れないんだもん。。。
でも燃え上がるって書いてあるよ。。。。究極の10選って!!

【特集】材料株夏の陣! 燃え上がる株高トレンド「究極の10選」 <株探トップ特集>

【鉱研工業は“海洋資源大国”日本のニュースター】

 日本は“ものづくり大国”である半面、資源に乏しい国との見方があるが実際は違う。海洋資源大国といっても過言ではなく、南鳥島には世界需要の数百年分に相当するともいわれるレアアースが観測され、伊豆、小笠原諸島周辺には大量の金や銀を含む海底熱水鉱床、このほか膨大なメタンハイドレートなども発見されている。

 鉱研工業 <6297> [JQ]はボーリング機器の大手で土壌汚染調査システムのほか、地下資源工事用の掘削機械では屈指の実力を持つ。地盤改良工事やトンネルの掘削工事だけでなく、深海や南極までさまざまな場所で使用される機器を開発している。日立建機 <6305> が25%強の株式を保有する筆頭株主で、商品開発部門などで協業関係にあり、アジア地域を中心に業容拡大に積極的だ。19年3月期営業利益は前期比約6倍の高変化を見込んでおり、620円近辺のもみ合いは絶好の買い場といえそうだ。<急騰性=3 中期的上値余地=3>

===============================

高成長企業を探る! 19年3月期【増収増益】リスト 4月26日に掲載

4月26日
鉱研工業、今期経常は5.9倍増益、前期配当減配も今期増配

鉱研工業 <6297> [JQ] が4月26日大引け後(15:00)に決算を発表。18年3月期の連結経常利益は前の期比65.0%減の6900万円に落ち込んだが、19年3月期は前期比5.9倍の4億1000万円に急拡大する見通しとなった。

 同時に、前期の年間配当を8円→5円(前の期は10円)に減額し、今期は前期比1円増の6円に増配する方針とした。

 直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比1.8%減の1億1100万円となり、売上営業利益率は前年同期の6.4%→4.5%に悪化した。

 

◆今期【大幅増益】を予想する銘柄(サプライズ順)

  鉱研工業 <6297> [JQ]     今期経常は5.9倍増益、前期配当減配も今期増配

QUICKスコア

Pocket

bitcoin@mama購入銘柄&過去購入銘柄鉱研工業  衝動買い銘柄 鉱研工業18/04/11 615円 5月14日終値623円 レアメタルの掘削がどうのこうのというニュースで買ったんですよね。 5月15日に627円で売り注文を出し、途中で623円に訂正するも売れなかった(><) しかし!!!5月15日19時のニュースで載ってる!!! これはもう少し持ってなさいということよね。 安いし、100株で6万円ぐらいだから本当は買い増しすべきなのよね。 ここで買い増しできる人はセンスがあるのかもしれないけど、でもできない~!!!! だって地味なんだもん。。。売れないんだもん。。。 でも燃え上がるって書いてあるよ。。。。究極の10選って!! 【特集】材料株夏の陣! 燃え上がる株高トレンド「究極の10選」 <株探トップ特集> 【鉱研工業は“海洋資源大国”日本のニュースター】  日本は“ものづくり大国”である半面、資源に乏しい国との見方があるが実際は違う。海洋資源大国といっても過言ではなく、南鳥島には世界需要の数百年分に相当するともいわれるレアアースが観測され、伊豆、小笠原諸島周辺には大量の金や銀を含む海底熱水鉱床、このほか膨大なメタンハイドレートなども発見されている。  鉱研工業 <6297> はボーリング機器の大手で土壌汚染調査システムのほか、地下資源工事用の掘削機械では屈指の実力を持つ。地盤改良工事やトンネルの掘削工事だけでなく、深海や南極までさまざまな場所で使用される機器を開発している。日立建機 <6305> が25%強の株式を保有する筆頭株主で、商品開発部門などで協業関係にあり、アジア地域を中心に業容拡大に積極的だ。19年3月期営業利益は前期比約6倍の高変化を見込んでおり、620円近辺のもみ合いは絶好の買い場といえそうだ。<急騰性=3 中期的上値余地=3> =============================== 高成長企業を探る! 19年3月期【増収増益】リスト 4月26日に掲載 4月26日 鉱研工業、今期経常は5.9倍増益、前期配当減配も今期増配 鉱研工業 <6297> が4月26日大引け後(15:00)に決算を発表。18年3月期の連結経常利益は前の期比65.0%減の6900万円に落ち込んだが、19年3月期は前期比5.9倍の4億1000万円に急拡大する見通しとなった。  同時に、前期の年間配当を8円→5円(前の期は10円)に減額し、今期は前期比1円増の6円に増配する方針とした。  直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比1.8%減の1億1100万円となり、売上営業利益率は前年同期の6.4%→4.5%に悪化した。   ◆今期【大幅増益】を予想する銘柄(サプライズ順)   鉱研工業 <6297>     今期経常は5.9倍増益、前期配当減配も今期増配 QUICKスコア株初心者・Bitcoin初心者